一般社団法人日本呼吸器学会 公式サイト
ScholarOne Manuscripts
日本呼吸器学会英文誌 Respiratory Investigation
日本呼吸器学会誌 増刊号 学術講演会プログラム 抄録集

書誌情報

原著

Mycobacterium abscessusによる肺抗酸菌症の予後因子の検討

巖水  慧a,e 山本 和子a,d,e 井手口周平a 井手昇太郎a 髙園 貴弘a 高橋 健介b 赤松 紀彦c 泉川 公一d 栁原 克紀c 迎   寛a 

a長崎大学病院呼吸器内科
b同 感染症内科
c同 検査部
d同 感染制御教育センター
e国立病院機構長崎医療センター臨床研究センター

要旨

Mycobacterium abscessus症(肺Mab症)患者を単施設で13年間後方視的に調査し,予後因子を検討した.肺Mab症10例中の死亡例3例は,背景肺疾患と免疫抑制薬使用歴を有し,亜種はM. abscessus subsp. abscessusであった.低いperformance status,低アルブミン血症,低いFEV1/VC,治療後の末梢血リンパ球数回復不良が,肺Mab症患者の死亡と関連していた.また,栄養・免疫状態や肺機能の悪い宿主に肺Mab症が合併すると予後不良となることが示唆された.

キーワード

Mycobacterium abscessus 肺非結核性抗酸菌症(肺NTM症) 予後因子 

Received 10 Mar 2021 / Accepted 23 Aug 2021
山本 和子
〒852–8501 長崎県長崎市坂本1–7–1
長崎大学病院呼吸器内科

日呼吸誌, 10(6): 449-456, 2021

Google Scholar著者名・キーワードは「Google Scholar™ 学術文献検索」の検索結果へリンクしています.