一般社団法人日本呼吸器学会 公式サイト
ScholarOne Manuscripts
日本呼吸器学会英文誌 Respiratory Investigation
日本呼吸器学会誌 増刊号 学術講演会プログラム 抄録集

書誌情報

症例

ペムブロリズマブを含むプラチナ併用化学療法が有効であった肺多形癌の2例

丸山 総一a,b 鈴木 崇文b 高梨 靖久a 近藤 大地a 千秋 智重a 

aJA長野厚生連北信総合病院呼吸器内科
b国立大学法人東京医科歯科大学呼吸器内科

要旨

肺多形癌は化学療法・放射線療法抵抗性の悪性腫瘍である.肺多形型の2例に対し複合免疫療法を実施した.症例1.64歳男性.肺多形癌(cT4N2M1a,cStage ⅣA)と診断,ペムブロリズマブ(pembrolizumab)+カルボプラチン(carboplatin:CBDCA)+ナブパクリタキセル(nab-paclitaxel:nab-PTX)による1次治療にてSDであった.症例2.77歳男性.肺多形癌(cT3N2M1b,cStage ⅣA)の診断を経てpembrolizumab+CBDCA+PTXにて1次治療を行いPRであった.複合免疫療法が肺多形癌に対し有効である可能性が示唆された.

キーワード

肺多形癌 化学療法 免疫チェックポイント阻害薬 

Received 24 Jan 2021 / Accepted 19 Jul 2021
丸山 総一
〒383–8505 長野県中野市西1–5–63
JA長野厚生連北信総合病院呼吸器内科

日呼吸誌, 10(5): 415-420, 2021

Google Scholar著者名・キーワードは「Google Scholar™ 学術文献検索」の検索結果へリンクしています.