一般社団法人日本呼吸器学会 公式サイト
ScholarOne Manuscripts
日本呼吸器学会英文誌 Respiratory Investigation
日本呼吸器学会誌 増刊号 学術講演会プログラム 抄録集

書誌情報

症例

維持透析中にペムブロリズマブを投与し奏効をみた高悪性度肺粘表皮癌の1例

宇津木光克 大澤  翔 小野 昭浩 

桐生厚生総合病院内科

要旨

症例は59歳,男性.維持透析中に咳嗽と胸痛を自覚.CTにて左上葉に腫瘤性病変を認め,高悪性度肺粘表皮癌,臨床病期ⅣBと診断した.PD-L1発現はTPS 75%以上であり,1次治療としてペムブロリズマブ(pembrolizumab)を投与.部分奏効が得られ,心房細動発症にて中止するまでに22コース継続可能であった.その後も6ヶ月以上にわたり再発を認めていない.進行期の高悪性度肺粘表皮癌の治療法は確立されておらず,ペムブロリズマブはPD-L1高発現症例に対する治療の選択肢になり得ると考えられた.

キーワード

肺粘表皮癌 維持透析 抗PD-1抗体 ペムブロリズマブ 

Received 26 Mar 2021 / Accepted 2 Jul 2021
宇津木 光克
〒376–0024 群馬県桐生市織姫町6–3
桐生厚生総合病院内科

日呼吸誌, 10(5): 407-410, 2021

Google Scholar著者名・キーワードは「Google Scholar™ 学術文献検索」の検索結果へリンクしています.