一般社団法人日本呼吸器学会 公式サイト
ScholarOne Manuscripts
日本呼吸器学会英文誌 Respiratory Investigation
日本呼吸器学会誌 増刊号 学術講演会プログラム 抄録集

書誌情報

症例

気管支洗浄液からActinomyces属菌とNocardia属菌が検出された放線菌感染症の1例

尾下 豪人 渡  直和 髙橋 達紀 妹尾 美里 船石 邦彦 奥崎  健 

三原市医師会病院内科
現所属:国家公務員共済組合連合会吉島病院呼吸器内科

要旨

症例は57歳の女性.約1年前にCTで左肺下葉に小葉中心性陰影を指摘された.血痰が出現し,CTで肺陰影が増強した.気管支洗浄液のグラム染色では分枝状のグラム陽性桿菌を認め,培養ではActinomyces graevenitziiNocardia wallaceiが検出された.副作用のため抗菌薬治療は短期間で中止となったが,齲歯治療,土壌曝露回避指導を行ったところ,血痰は軽快し,CTでは陰影が消退した.放線菌感染症においては感染・曝露源対策を積極的に行うべきである.

キーワード

放線菌 土壌曝露 齲歯 混合感染 

Received 27 May 2021 / Accepted 12 Jul 2021
尾下 豪人
〒723–0051 広島県三原市宮浦1–15–1
国家公務員共済組合連合会吉島病院呼吸器内科

日呼吸誌, 10(5): 398-401, 2021

Google Scholar著者名・キーワードは「Google Scholar™ 学術文献検索」の検索結果へリンクしています.