一般社団法人日本呼吸器学会 公式サイト
ScholarOne Manuscripts
日本呼吸器学会英文誌 Respiratory Investigation
日本呼吸器学会誌 増刊号 学術講演会プログラム 抄録集

書誌情報

症例

マイコプラズマ肺炎経過中に横断性脊髄炎を発症した1例

新妻久美子a 小高 倫生a 中野 千裕a 押尾 剛志a 藤岡 俊樹b 松瀬 厚人a 

a東邦大学医療センター大橋病院呼吸器内科
b同 脳神経内科

要旨

症例は,24歳男性.発熱と咳嗽を主訴に来院,市中肺炎の診断で入院となる.入院後,抗菌薬での加療を開始し,炎症所見や胸部単純X線検査での肺炎像は改善傾向であったが高熱が持続,その後両下肢感覚障害と両下肢筋力低下が出現し歩行困難となった.脊髄MRI検査で脊髄炎の所見を認め,採血にてマイコプラズマ抗体(PA)≧10,240倍と有意な上昇があり,Mycoplasma pneumoniaeによる横断性脊髄炎と診断.ステロイドパルス治療を行い,感覚障害,筋力低下の改善を認め,明らかな後遺症なく退院に至った.

キーワード

マイコプラズマ肺炎 横断性脊髄炎 

Received 8 May 2020 / Accepted 18 Jan 2021
新妻 久美子
〒153–8515 東京都目黒区大橋2–22–36
東邦大学医療センター大橋病院呼吸器内科

日呼吸誌, 10(3): 273-276, 2021

Google Scholar著者名・キーワードは「Google Scholar™ 学術文献検索」の検索結果へリンクしています.