一般社団法人日本呼吸器学会 公式サイト
ScholarOne Manuscripts
日本呼吸器学会英文誌 Respiratory Investigation
日本呼吸器学会誌 増刊号 学術講演会プログラム 抄録集

書誌情報

症例

免疫チェックポイント阻害剤併用化学療法が著効したEGFR遺伝子変異陽性肺扁平上皮癌の1例

松島 秀和 太田 啓貴 大場 智広 山川 英晃 赤坂 圭一 天野 雅子 

さいたま赤十字病院呼吸器内科

要旨

症例は,48歳男性.背部痛,胸部異常陰影にて紹介受診された.原発性肺扁平上皮癌cT3N3M1c stage ⅣB,EGFR遺伝子変異陽性と診断.オシメルチニブ(osimertinib)内服治療5ヶ月後,多発肺内転移にてprogressive diseaseとなった.二次治療として免疫チェックポイント阻害剤(immune checkpoint inhibitor:ICI)併用化学療法を施行したところ,肺内転移の著明な縮小を認めた.治療中,ICIの有害事象のため,維持療法を2コースで中止したが,partial responseを維持している.ドライバー遺伝子変異/転座陽性肺癌の治療においてICI併用化学療法も考慮すべきである.

キーワード

肺癌 扁平上皮癌 EGFR遺伝子変異 免疫チェックポイント阻害剤 

Received 30 May 2020 / Accepted 1 Sep 2020
松島 秀和
〒330–8553 埼玉県さいたま市中央区新都心1–5
さいたま赤十字病院呼吸器内科

日呼吸誌, 10(1): 45-49, 2021

Google Scholar著者名・キーワードは「Google Scholar™ 学術文献検索」の検索結果へリンクしています.