一般社団法人日本呼吸器学会 公式サイト
ScholarOne Manuscripts
日本呼吸器学会英文誌 Respiratory Investigation
日本呼吸器学会誌 増刊号 学術講演会プログラム 抄録集

書誌情報

症例

関節リウマチ患者に発症した自己免疫性肺胞蛋白症の1例

橋本みどり 菅 香菜美 畠山  拓 堀部 亮多 西山  薫 

NTT東日本札幌病院呼吸器内科

要旨

症例は70歳,男性.20XX-5年,関節リウマチの診断でサラゾスルファピリジン(salazosulfapyridine)を開始し,関節症状は小康状態となった.20XX-2年,両上肺野にすりガラス陰影が出現し,薬剤性肺炎を疑い休薬したが,関節症状悪化のため2ヶ月後に再開した.20XX年,咳嗽の出現および肺陰影が増悪し,経気管支肺生検で肺胞腔内がSP-A陽性好酸性物質で占められ,血清抗GM-CSF抗体が陽性であり,自己免疫性肺胞蛋白症と診断した.関節リウマチには多彩な肺病変が合併するが自己免疫性肺胞蛋白症合併は非常に稀であり,治療方針にも影響するため報告する.

キーワード

自己免疫性肺胞蛋白症 関節リウマチ 抗GM-CSF抗体 アンブロキソール 

Received 27 Mar 2020 / Accepted 29 Jul 2020
橋本 みどり
〒060–0061 北海道札幌市中央区南1条西15丁目
NTT東日本札幌病院呼吸器内科

日呼吸誌, 9(6): 477-481, 2020

Google Scholar著者名・キーワードは「Google Scholar™ 学術文献検索」の検索結果へリンクしています.