一般社団法人日本呼吸器学会 公式サイト
ScholarOne Manuscripts
日本呼吸器学会英文誌 Respiratory Investigation
日本呼吸器学会誌 増刊号 学術講演会プログラム 抄録集

書誌情報

症例

多発肺リウマチ結節が関節症状に先行した関節リウマチの1例

竹中  遥a,b 横尾 慶紀a,b 加藤 宏治b,c 山田  玄a 高橋 弘毅c 北村 康夫b 

a手稲渓仁会病院呼吸器内科
b市立釧路総合病院呼吸器内科
c札幌医科大学医学部呼吸器・アレルギー内科学講座

要旨

症例は66歳,男性.検診で胸部異常影を指摘され,胸部CTで両肺に多発結節影を認めた.転移性肺腫瘍を疑い,経気管支肺生検を施行したが悪性所見は認めなかった.外科的肺生検の結果,病理組織でフィブリノイド壊死と周囲のpalisading granulomaを認めた.経過観察中に出現した関節痛,抗CCP抗体とリウマチ因子陽性等から関節リウマチと診断し,多発結節影はリウマチ結節と考えた.ブシラミン(bucillamine)投与で関節症状は改善したが結節影が増大し,プレドニゾロン(prednisolone)を併用したところ結節影は次第に縮小し消失した.

キーワード

関節リウマチ 肺リウマチ結節 プレドニゾロン 

Received 18 Sep 2019 / Accepted 29 Jan 2020
竹中 遥
〒006–8555 北海道札幌市手稲区前田1条12–1–40
手稲渓仁会病院呼吸器内科

日呼吸誌, 9(3): 196-199, 2020

Google Scholar著者名・キーワードは「Google Scholar™ 学術文献検索」の検索結果へリンクしています.