一般社団法人日本呼吸器学会 公式サイト
ScholarOne Manuscripts
日本呼吸器学会英文誌 Respiratory Investigation
日本呼吸器学会誌 増刊号 学術講演会プログラム 抄録集

書誌情報

症例

早期診断治療により救命しえた進行胃癌pulmonary tumor thrombotic microangiopathyが疑われた1例

北原 慎介 石田 友邦 川述 剛士 田中 健介 鈴木 未佳 河野千代子 

JR東京総合病院呼吸器内科

要旨

症例は69歳男性.胃癌治療中に呼吸困難で前医を受診し,慢性閉塞性肺疾患増悪の診断で入院した.精査加療のため当院に転院したが増悪所見に乏しく,造影CTも明らかな肺動脈血栓は認めなかった.心臓超音波検査で右心系拡大を認めたため右心カテーテル検査を施行し,平均肺動脈圧高値で,肺動脈吸引細胞診もClass Vであったことから,臨床的に胃癌によるpulmonary tumor thrombotic microangiopathy(PTTM)と診断した.抗癌剤と肺血管拡張薬にて呼吸状態は改善し,第57病日に退院となった.我々は,PTTMを早期に鑑別に挙げることで救命できた症例を経験したので報告する.

キーワード

肺腫瘍塞栓微小血管症 胃癌 肺高血圧症 肺動脈吸引細胞診 

Received 18 Jun 2019 / Accepted 30 Sep 2019
北原 慎介
〒151–8528 東京都渋谷区代々木2–1–3
JR東京総合病院呼吸器内科

日呼吸誌, 9(1): 76-80, 2020

Google Scholar著者名・キーワードは「Google Scholar™ 学術文献検索」の検索結果へリンクしています.