一般社団法人日本呼吸器学会 公式サイト
ScholarOne Manuscripts
日本呼吸器学会英文誌 Respiratory Investigation
日本呼吸器学会誌 増刊号 学術講演会プログラム 抄録集

書誌情報

症例

重症熱性血小板減少症候群に続発した侵襲性肺アスペルギルス症の1剖検例

藤田 良佑 味志 裕介 西山 聖也 熊部 智章 山口 哲朗 

宮崎県立延岡病院内科

要旨

重症熱性血小板減少症候群(severe fever with thrombocytopenia syndrome:SFTS)は,マダニが媒介するSFTSウイルス(SFTSV)による感染症である.SFTS治療中に多発陰影が出現し真菌学的および血清学的に侵襲性肺アスペルギルス症(invasive pulmonary aspergillosis:IPA)と診断したが救命できなかった1剖検例を報告する.SFTSV感染および高用量ステロイド治療による高度免疫不全を背景としてIPAが発症したと推察する.

キーワード

重症熱性血小板減少症候群 免疫不全 侵襲性肺アスペルギルス症 

Received 20 Nov 2018 / Accepted 5 Feb 2019
藤田 良佑
〒882–0835 宮崎県延岡市新小路2–1–10
宮崎県立延岡病院内科

日呼吸誌, 8(3): 178-182, 2019

Google Scholar著者名・キーワードは「Google Scholar™ 学術文献検索」の検索結果へリンクしています.