一般社団法人日本呼吸器学会 公式サイト
ScholarOne Manuscripts
日本呼吸器学会英文誌 Respiratory Investigation
日本呼吸器学会誌 増刊号 学術講演会プログラム 抄録集

書誌情報

症例

維持透析中にペムブロリズマブを投与した進行非小細胞肺癌の2例

矢澤 克昭a 土井 将史b 居倉 宏樹b 藤井 真弓b 塚田 義一b 

a青梅市立総合病院呼吸器内科
b草加市立病院呼吸器内科

要旨

症例1は70歳男性.維持透析導入時の胸部単純X線写真で右上肺野に異常陰影を指摘.肺扁平上皮癌,臨床病期ⅢB期.PD-L1発現TPS 50~60%でありペムブロリズマブ(pembrolizumab)を投与.PDになる10回まで有害事象は認めなかった.症例2は79歳男性.維持透析中.胸部単純X線写真で右中肺野に腫瘤影を指摘.肺腺癌,臨床病期ⅢA期.PD-L1発現TPS 50~74%でありペムブロリズマブを投与.脳梗塞発症のため治療終了.ペムブロリズマブは維持透析患者に発症した非小細胞肺癌に対する治療の選択肢になりうると考えた.

キーワード

慢性腎臓病 維持透析 非小細胞肺癌 抗PD-1抗体 ペムブロリズマブ 

Received 22 Feb 2018 / Accepted 12 Jun 2018
矢澤 克昭
〒198–0042 東京都青梅市東青梅4–16–5
青梅市立総合病院呼吸器内科

日呼吸誌, 7(5): 306-310, 2018

Google Scholar著者名・キーワードは「Google Scholar™ 学術文献検索」の検索結果へリンクしています.