一般社団法人日本呼吸器学会 公式サイト
ScholarOne Manuscripts
日本呼吸器学会英文誌 Respiratory Investigation
日本呼吸器学会誌 増刊号 学術講演会プログラム 抄録集

書誌情報

症例

ニンテダニブの関与が疑われた壊死性結腸憩室炎の1例

三田祐実子a 西村 和幸b 三浦 惇史b 永井 智仁b 玉置  淳a 

a東京女子医科大学病院内科学第一講座
b埼玉県済生会栗橋病院呼吸器内科

要旨

ニンテダニブ(nintedanib)導入後に壊死性結腸憩室炎を生じ,その関与が疑われた1例を経験したので報告する.症例は69歳男性,特発性肺線維症に対してニンテダニブを導入後に急性腹症を生じ右結腸切除術が施行された.切除検体の病理所見より壊死性結腸憩室炎と診断された.ニンテダニブと同様に細胞内シグナル伝達阻害作用を持つ薬剤では出血などの副作用が認められ,特にVEGF阻害薬であるベバシズマブ(bevacizumab)では消化管穿孔が多数報告されている.VEGFR阻害効果を持つニンテダニブ導入前には消化管病変の有無を含めた治療前評価が必要と考えられた.

キーワード

ニンテダニブ 特発性肺線維症 壊死性結腸憩室炎 

Received 20 Nov 2017 / Accepted 16 Apr 2018
三田 祐実子
〒162–8666 東京都新宿区河田町8–1
東京女子医科大学病院内科学第一講座

日呼吸誌, 7(4): 263-266, 2018

Google Scholar著者名・キーワードは「Google Scholar™ 学術文献検索」の検索結果へリンクしています.