一般社団法人日本呼吸器学会 公式サイト
ScholarOne Manuscripts
日本呼吸器学会英文誌 Respiratory Investigation
日本呼吸器学会誌 増刊号 学術講演会プログラム 抄録集

書誌情報

症例

肺MAC症経過中に生物学的製剤を使用し得た関節リウマチ患者の4例

倉重 理絵 榊原 ゆみ 古澤 春彦 藤江 俊秀 宮崎 泰成 稲瀬 直彦 

東京医科歯科大学呼吸器内科

要旨

Mycobacterium avium complex(MAC)症合併関節リウマチに治療上の必要があって生物学的製剤を使用し,肺MAC症の悪化を認めなかった4例を経験した.2例は生物学的製剤使用中に肺MAC症と診断され,生物学的製剤は一時中止後に再開された.他の2例は肺MAC症と診断後,生物学的製剤が導入された.肺MAC症の治療として1例で標準治療が行われた.いずれも肺MAC症の悪化はなく,予後不良因子が少ない場合には肺MAC症合併下でも生物学的製剤が使用できる可能性が示された.

キーワード

関節リウマチ Mycobacterium avium complex 生物学的製剤 

Received 28 Sep 2017 / Accepted 19 Feb 2018
稲瀬 直彦
〒113–8510 東京都文京区湯島1–5–45
東京医科歯科大学呼吸器内科

日呼吸誌, 7(3): 161-165, 2018

Google Scholar著者名・キーワードは「Google Scholar™ 学術文献検索」の検索結果へリンクしています.