一般社団法人日本呼吸器学会 公式サイト
ScholarOne Manuscripts
日本呼吸器学会英文誌 Respiratory Investigation
日本呼吸器学会誌 増刊号 学術講演会プログラム 抄録集

書誌情報

症例

ステロイド治療中止後に再燃したアミオダロン肺障害の1例

永田 一洋 桒原 宏臣 竹中 一正 由良冴希子 

康生会武田病院呼吸器センター

要旨

症例は62歳,男性.2年7ヶ月前よりアミオダロンを内服していた.KL-6の上昇と両肺の浸潤影が出現,肝臓CT値は上昇していた.薬剤リンパ球刺激試験は陽性,経気管支肺生検は器質化肺炎の像であった.ステロイドで改善したため3ヶ月で漸減中止したが2週間後に再燃した.肝臓CT値は依然高値であった.ステロイド再開し軽快した.治療終了時の肝臓CT値は正常以下であった.アミオダロン肺障害において肝臓CT値を参考にすることで簡便かつ安全にステロイド減量ができる可能性があり報告する.

キーワード

アミオダロン 薬剤性肺障害 

Received 9 Aug 2017 / Accepted 10 Nov 2017
連絡先:永田 一洋
〒600–8558 京都市下京区塩小路通西洞院東入

日呼吸誌, 7(1): 54-58, 2018

Google Scholar著者名・キーワードは「Google Scholar™ 学術文献検索」の検索結果へリンクしています.