一般社団法人日本呼吸器学会 公式サイト
ScholarOne Manuscripts
日本呼吸器学会英文誌 Respiratory Investigation
日本呼吸器学会誌 増刊号 学術講演会プログラム 抄録集

書誌情報

症例

化学療法により高度の骨髄抑制をきたしたG-CSF産生肺癌の1例

井本早穂子 里見 良輔 細尾 咲子 八木 一馬 越部麻友子 小山田吉孝 

独立行政法人国立病院機構東京医療センター呼吸器科

要旨

症例は60歳,男性.右肺腺癌cT1bN3M1b cStage Ⅳ.白血球増多,血清G-CSF値高値,腫瘍組織でのG-CSF染色陽性所見より,G-CSF産生肺癌と診断した.シスプラチン(cisplatin:CDDP),ペメトレキセド(pemetrexed:PEM)の併用化学療法を実施したところ,Grade 4の白血球減少,好中球減少,Grade 3の貧血,Grade 2の血小板減少を呈し,重症な肺炎を合併した.G-CSF産生肺癌に対する化学療法が高度の骨髄抑制を惹起するとの報告はなく,症例の集積と対応法の確立が望まれる.

キーワード

顆粒球コロニー刺激因子(G-CSF) G-CSF産生腫瘍 肺癌 化学療法 骨髄抑制 

Received 1 Aug 2017 / Accepted 26 Sep 2017
連絡先:井本 早穂子
〒152–0021 東京都目黒区東が丘2–5–1

日呼吸誌, 7(1): 10-14, 2018

Google Scholar著者名・キーワードは「Google Scholar™ 学術文献検索」の検索結果へリンクしています.