一般社団法人日本呼吸器学会 公式サイト
ScholarOne Manuscripts
日本呼吸器学会英文誌 Respiratory Investigation
日本呼吸器学会誌 増刊号 学術講演会プログラム 抄録集

書誌情報

症例

免疫介在性末梢神経障害を合併した縦隔リンパ節結核の1例

増本 菜美a 後藤 秀人a 池田 秀平a 田中 恭子a,b 椿原 基史a 金子  猛c 

a独立行政法人国立病院機構横浜医療センター呼吸器内科
b大和東クリニック
c横浜市立大学大学院医学研究科呼吸器病学

要旨

症例は25歳,男性.2週間前より徐々に進行した両下腿筋痛,歩行障害を主訴に当院を受診した.入院時の胸部単純CTにて縦隔リンパ節腫大を認め,超音波気管支鏡ガイド下針生検の検体より結核菌PCR陽性となり,縦隔リンパ節結核と診断した.筋生検では筋炎・血管炎所見は乏しく,神経伝導速度検査で左下肢の軸索障害を認めた.その後抗結核療法およびステロイドパルス療法を行い,縦隔リンパ節腫大の縮小と自覚症状の改善を認め,歩行可能となった.臨床経過より結核感染に起因した免疫介在性末梢神経障害と考えられた.

[訂正記事]

キーワード

結核 縦隔リンパ節腫大 末梢神経障害 免疫介在性神経障害 Guillain-Barré症候群 

Received 5 Jan 2017 / Accepted 26 May 2017
連絡先:増本 菜美
〒245-8575 神奈川県横浜市戸塚区原宿3-60-2
独立行政法人国立病院機構横浜医療センター呼吸器内科

日呼吸誌, 6(5): 359-363, 2017

Google Scholar著者名・キーワードは「Google Scholar™ 学術文献検索」の検索結果へリンクしています.