一般社団法人日本呼吸器学会 公式サイト
ScholarOne Manuscripts
日本呼吸器学会英文誌 Respiratory Investigation
日本呼吸器学会誌 増刊号 学術講演会プログラム 抄録集

書誌情報

症例

RS3PE症候群を契機に発見され急速な経過をたどった肺多形癌の1例

佐川 友哉a 中尾 龍太b 宇田紗也佳a 吉村 彰紘a 弓場 達也a 平岡 範也a 

a京都第一赤十字病院呼吸器内科
b同 病理診断科

要旨

症例は69歳,男性.RS3PE症候群の精査中に肺門・縦隔部,および鎖骨上窩のリンパ節腫大が判明し当科紹介となった.鎖骨上窩リンパ節より生検を行ったが低分化な上皮性腫瘍の転移と診断された.精査中に呼吸困難が出現しニューモシスチス肺炎を発症していた.2週間の治療で軽快したが,当初認められなかった多発脳転移が出現した.初診の約3ヶ月後に死亡し病理解剖にて肺多形癌と診断した.RS3PE症候群を呈した肺多形癌の報告はこれまでなく,貴重な1例であった.

キーワード

RS3PE症候群 多型癌 hCG産生腫瘍 

Received 30 Aug 2016 / Accepted 23 May 2017
連絡先:佐川 友哉
〒605-0981 京都府京都市東山区本町15-749
京都第一赤十字病院呼吸器内科

日呼吸誌, 6(5): 332-336, 2017

Google Scholar著者名・キーワードは「Google Scholar™ 学術文献検索」の検索結果へリンクしています.