一般社団法人日本呼吸器学会 公式サイト
ScholarOne Manuscripts
日本呼吸器学会英文誌 Respiratory Investigation
日本呼吸器学会誌 増刊号 学術講演会プログラム 抄録集

書誌情報

症例

内視鏡的治療に加え外科的治療介入を要した気管支グロムス腫瘍の1例

下村  巌a 橋本  大a 設楽 将之b 棚橋 雅幸b 丹羽  宏b 中村 秀範a 

a聖隷浜松病院呼吸器内科
b聖隷三方原病院呼吸器センター外科

要旨

症例は73歳,男性.持続する咳嗽に対して前医で胸部単純CTを施行し,気管支腫瘍を疑う所見を認めた.精査目的に当院紹介となり,気管支鏡検査を施行したところ左肺下葉支を閉塞する腫瘍を認め,同部位より生検を行った.病理組織学的検索にて小型類円形細胞の集簇像を認め,免疫染色にてグロムス腫瘍と診断した.硬性鏡による高周波スネア,レーザー治療を試みたが完全切除は困難であり,左肺下葉管状切除術を追加施行し経過良好である.気管支グロムス腫瘍はまれであると考え,文献的考察を含め報告する.

キーワード

グロムス腫瘍 気管支 

Received 4 Mar 2016 / Accepted 26 Aug 2016
連絡先:下村 巌
〒430-0906 静岡県浜松市中区住吉2-12-12
聖隷浜松病院呼吸器内科

日呼吸誌, 6(1): 18-21, 2017

Google Scholar著者名・キーワードは「Google Scholar™ 学術文献検索」の検索結果へリンクしています.