一般社団法人日本呼吸器学会 公式サイト
ScholarOne Manuscripts
日本呼吸器学会英文誌 Respiratory Investigation
日本呼吸器学会誌 増刊号 学術講演会プログラム 抄録集

書誌情報

症例

治療に難渋した肺MAC症による胸膜炎を合併した遷延性気胸の1例

水谷 尚雄a* 松尾  潔b 柳沼 裕嗣a 

a赤穂中央病院呼吸器外科
bうえおか内科医院
*現 姫路赤十字病院呼吸器外科

要旨

症例は75歳の女性.気胸と胸水貯留で当院へ紹介され,肺MAC症による続発性自然気胸と胸膜炎と診断した.発症から時間が経過し胸膜炎による胸膜の肥厚により肺の膨張障害がみられ,ドレナージと胸腔鏡手術では気胸が治癒しなかった.EWS®による気管支充填術を施行したところ,気漏は停止した.しかしその後も肺は再膨張せず慢性呼吸不全に進展し,肺炎を合併して初診から1年2ヶ月で死亡した.肺MAC症に合併する気胸の予後は必ずしも良好ではなく,本例のような胸膜炎を合併した場合はさらに診断と治療が急がれる.

キーワード

Mycobacterium avium complex 気胸 胸膜炎 Endobronchial Watanabe Spigots 

Received 16 Mar 2016 / Accepted 28 Jul 2016
連絡先:水谷 尚雄
〒670-8540 兵庫県姫路市下手野1-12-1(現所属)
赤穂中央病院呼吸器外科

日呼吸誌, 5(6): 331-335, 2016

Google Scholar著者名・キーワードは「Google Scholar™ 学術文献検索」の検索結果へリンクしています.