一般社団法人日本呼吸器学会 公式サイト
ScholarOne Manuscripts
日本呼吸器学会英文誌 Respiratory Investigation
日本呼吸器学会誌 増刊号 学術講演会プログラム 抄録集

書誌情報

症例

S状結腸癌の初発症状として発症した癌性リンパ管症の1例

小口 展生 片山公実子 岡田あすか 村上 伸介 竹中 英昭 長  澄人 

済生会吹田病院呼吸器内科

要旨

症例は69歳,女性.咳嗽と呼吸困難感の精査目的に当院紹介となった.胸部単純CTで癌性リンパ管症が疑われたが,原発性肺癌を疑う陰影は認めなかった.経気管支肺生検と下部消化管内視鏡検査による大腸生検では腺癌を認め,それぞれ免疫染色の結果から大腸癌による癌性リンパ管症と診断した.癌性リンパ管症の原発巣としては肺癌,乳癌,胃癌の頻度が多いとされているが,大腸癌が原発であったとする報告は少ない.原発不明の癌性リンパ管症を認めた際には,経気管支肺生検を行うとともに,大腸癌の可能性を考慮する必要がある.

キーワード

癌性リンパ管症 大腸癌 免疫組織化学染色 

Received 29 Mar 2016 / Accepted 10 Aug 2016
連絡先:小口 展生
〒564-0013 大阪府吹田市川園町1-2
済生会吹田病院呼吸器内科

日呼吸誌, 5(6): 307-311, 2016

Google Scholar著者名・キーワードは「Google Scholar™ 学術文献検索」の検索結果へリンクしています.