一般社団法人日本呼吸器学会 公式サイト
ScholarOne Manuscripts
日本呼吸器学会英文誌 Respiratory Investigation
日本呼吸器学会誌 増刊号 学術講演会プログラム 抄録集

書誌情報

症例

14年間の経過観察中に2児の出産を経験した肺ランゲルハンス細胞組織球症の1例

奥村 隼也a,b 滝  俊一a 三田  亮a 大田亜希子c 髙木 康之a 杉野 安輝a 

aトヨタ記念病院呼吸器科
b名古屋大学医学部附属病院呼吸器内科
c同 化学療法部

要旨

症例は33歳,女性.20歳時に胸痛を主訴に当院受診.胸部単純CT上,両側びまん性多発肺嚢胞を認めた.胸腔鏡下肺生検にてS100蛋白陽性のLangerhans細胞の集簇を認めた.肺以外の病変は認めず,肺ランゲルハンス細胞組織球症と診断した.診断時より禁煙を行い,一部改善を認めたが多発嚢胞は残存した.診断9年後,11年後に出産を経験し,母体合併症なく経過した.肺ランゲルハンス細胞組織球症患者の妊娠・出産報告は少ないが,合併症が多いとされる.母体合併症を認めず2度の妊娠・出産に至った症例はまれであり報告する.

キーワード

ランゲルハンス細胞組織球症 肺好酸球性肉芽腫 妊娠 

Received 28 Jan 2016 / Accepted 7 Jun 2016
連絡先:奥村 隼也
〒471-8513 愛知県豊田市平和町1-1
トヨタ記念病院呼吸器科

日呼吸誌, 5(5): 274-278, 2016

Google Scholar著者名・キーワードは「Google Scholar™ 学術文献検索」の検索結果へリンクしています.