一般社団法人日本呼吸器学会 公式サイト
ScholarOne Manuscripts
日本呼吸器学会英文誌 Respiratory Investigation
日本呼吸器学会誌 増刊号 学術講演会プログラム 抄録集

書誌情報

症例

多発肺転移に絨毛癌症候群を合併し,急激な転帰をたどった精巣腫瘍の1例

東  盛志 古屋 直人 曽我美佑介 筒井 俊晴 柿崎有美子 宮下 義啓 

山梨県立中央病院呼吸器内科

要旨

症例は25歳,男性.腰痛,咳嗽,血痰を主訴に近医受診し,胸部X線写真で両側全肺野に多発する結節影を認めた.Human chorionic gonadotropin(hCG)が著明高値であり,単純CT画像で多発肺結節影,後腹膜腫瘤,左精巣腫瘍を認め,高位精巣摘除術で成熟奇形腫と診断され,絨毛癌成分を転移巣に含むburned-out tumorと考えた.BEP療法を施行したが,絨毛癌症候群を合併し,肺転移巣からの出血がコントロールできず,急速に呼吸不全が進行し死亡した.精巣腫瘍のうちhCG高値例では絨毛癌症候群に留意する必要があると考えられた.

キーワード

精巣腫瘍 燃え尽き腫瘍 絨毛癌症候群 

Received 17 Nov 2015 / Accepted 22 Feb 2016
連絡先:東 盛志
〒400-0027 山梨県甲府市富士見1-1-1
山梨県立中央病院呼吸器内科

日呼吸誌, 5(3): 121-125, 2016

Google Scholar著者名・キーワードは「Google Scholar™ 学術文献検索」の検索結果へリンクしています.