一般社団法人日本呼吸器学会 公式サイト
ScholarOne Manuscripts
日本呼吸器学会英文誌 Respiratory Investigation
日本呼吸器学会誌 増刊号 学術講演会プログラム 抄録集

書誌情報

症例

小細胞肺癌・間質性肺炎の治療中に播種性水痘を発症し死亡した1例

大前美奈子a 横村 光司a 阿部 岳文a 秋山 訓通a 野末 剛史a 須田 隆文b 

a聖隷三方原病院呼吸器内科
b浜松医科大学呼吸器内科

要旨

症例は76歳,女性.間質性肺炎合併小細胞肺癌に対する化学療法中に間質性肺炎の増悪をきたした.Prednisolone 30 mg/日の内服で間質性肺炎は安定したが,1ヶ月後に水痘を発症し,多臓器不全・播種性血管内凝固症候群を併発してわずか1日の経過で死亡した.水痘発症の2週間前に夫が帯状疱疹を発症していたことが判明し,感染源と考えられた.抗癌剤やステロイド使用中の免疫抑制状態にある患者が水痘を発症した場合,重症化し致死的な経過をとる場合もあることが報告されており,十分な注意が必要と考えられたため報告する.

キーワード

小細胞肺癌 間質性肺炎 易感染性宿主 播種性水痘 帯状疱疹 

Received 6 Mar 2015 / Accepted 25 May 2015
連絡先:大前 美奈子
〒433-8558 静岡県浜松市北区三方原町3453
聖隷三方原病院呼吸器内科

日呼吸誌, 4(5): 403-407, 2015

Google Scholar著者名・キーワードは「Google Scholar™ 学術文献検索」の検索結果へリンクしています.