一般社団法人日本呼吸器学会 公式サイト
ScholarOne Manuscripts
日本呼吸器学会英文誌 Respiratory Investigation
日本呼吸器学会誌 増刊号 学術講演会プログラム 抄録集

書誌情報

症例

間質性肺炎急性増悪により顕在化した肝肺症候群の1例

井上 幸久a,b 榛沢  理a 矢澤 克昭a 高崎 寛司a 磯貝  進a 稲瀬 直彦b 

a青梅市立総合病院呼吸器内科
b東京医科歯科大学呼吸器内科

要旨

症例は76歳,男性.労作時呼吸困難を主訴に当院受診した.低酸素血症を認め,CTで両肺に蜂巣肺を伴うびまん性のすりガラス陰影および肺内血管拡張を認めた.間質性肺炎急性増悪と考え非侵襲的陽圧換気療法併用下でステロイド治療後,陰影は消退した.しかし,座位での呼吸困難,低酸素血症を認め,platypnea-orthodeoxia症候群と診断した.これを契機に,大酒家であったことによるアルコール性肝線維症の合併が判明し,肝肺症候群と診断した.間質性肺炎急性増悪で顕在化した肝肺症候群はまれであり,報告した.

キーワード

肝肺症候群 間質性肺炎 急性増悪 Platypnea-orthodeoxia症候群 

Received 23 Mar 2015 / Accepted 9 Jun 2015
連絡先:井上 幸久
〒198-0042 東京都青梅市東青梅4-16-5
青梅市立総合病院呼吸器内科

日呼吸誌, 4(5): 389-393, 2015

Google Scholar著者名・キーワードは「Google Scholar™ 学術文献検索」の検索結果へリンクしています.