一般社団法人日本呼吸器学会 公式サイト
ScholarOne Manuscripts
日本呼吸器学会英文誌 Respiratory Investigation
日本呼吸器学会誌 増刊号 学術講演会プログラム 抄録集

書誌情報

原著

気腫合併肺線維症に併発した肺癌に対して外科的治療を行った27例の臨床的検討

溝上 裕子a 増永 愛子a 小嶋 圭介a 髙橋比呂志a 佐伯  祥a 一安 秀範a 吉本健太郎b 森   毅b 鈴木  実b 興梠 博次a 

a熊本大学医学部附属病院呼吸器内科
b同 呼吸器外科

要旨

気腫合併肺線維症(combined pulmonary fibrosis and emphysema:CPFE)は高率に肺癌を合併するが,合併した肺癌の外科的治療について一定の見解はない.当院でCPFE合併肺癌に肺切除術を施行した27症例を後方視的に検討した.手術方法は胸腔鏡22例,開胸5例,術式は部分切除術1例,葉切除術以上26例であった.術後2例で間質性肺炎の急性増悪をきたしたが,多くの症例で術後肺機能は保たれていた.CPFE合併肺癌に対しては適応があれば外科的治療を検討すべきと考えられた.

キーワード

気腫合併肺線維症 肺癌 肺切除術 術後合併症 間質性肺炎の急性増悪 

Received 20 Oct 2014 / Accepted 30 Apr 2015
連絡先:興梠 博次
〒860-8556 熊本県熊本市中央区本荘1-1-1
熊本大学医学部附属病院呼吸器内科

日呼吸誌, 4(5): 343-351, 2015

Google Scholar著者名・キーワードは「Google Scholar™ 学術文献検索」の検索結果へリンクしています.