一般社団法人日本呼吸器学会 公式サイト
ScholarOne Manuscripts
日本呼吸器学会英文誌 Respiratory Investigation
日本呼吸器学会誌 増刊号 学術講演会プログラム 抄録集

書誌情報

症例

Aggregatibacter aphrophilusによる肺化膿症の1例

瀧口 恭男 石崎 俊介 松山  亘 小林 隆之 

千葉市立青葉病院呼吸器内科

要旨

76歳,男性.喀血を契機に右S10の腫瘤影を指摘された.CTガイド下穿刺吸引で褐色の膿性分泌物が採取され,塗抹で多数の白血球とグラム陰性桿菌が認められた.分離されたグラム陰性桿菌は16S rRNA塩基配列解析でAggregatibacter aphrophilusと同定され,これより肺化膿症の診断で抗菌薬治療を開始して腫瘤影は縮小した.本菌は感染性心内膜炎の原因菌として知られているが,呼吸器感染症の原因菌として分離されることはまれであり,我が国第1例として報告する.

キーワード

肺化膿症 Aggregatibacter aphrophilus 

Received 1 Feb 2015 / Accepted 6 Mar 2015
連絡先:瀧口 恭男
〒260-0852 千葉県千葉市中央区青葉町1273-2
千葉市立青葉病院呼吸器内科

日呼吸誌, 4(4): 309-312, 2015

Google Scholar著者名・キーワードは「Google Scholar™ 学術文献検索」の検索結果へリンクしています.