一般社団法人日本呼吸器学会 公式サイト
ScholarOne Manuscripts
日本呼吸器学会英文誌 Respiratory Investigation
日本呼吸器学会誌 増刊号 学術講演会プログラム 抄録集

書誌情報

症例

乳癌系血清腫瘍マーカーが高値を呈し免疫組織染色で産生を確認できた器質化肺炎の1例

平嶋 純子 竹田雄一郎 正木 晴奈 放生 雅章 杉山 温人 

国立国際医療研究センター呼吸器内科

要旨

症例は51歳,女性.3週間前からの咳・痰・発熱を主訴に受診し,胸部単純X線写真で異常影を認めた.非定型肺炎が疑われ抗菌薬を投与されたものの改善せず,胸部CT所見とCA15-3などの乳癌系腫瘍マーカーの上昇のため乳癌の肺転移が疑われたものの,乳癌や他の原発巣は確認されなかった.経気管支肺生検で器質化肺炎と診断され,免疫組織染色でCA15-3の産生が確認された.治療においては,経口ステロイド投与が奏効した.今回の症例で,乳癌系腫瘍マーカーが器質化肺炎で産生されうることが確認された.このような症例では病理学的評価が重要と考えられた.

キーワード

器質化肺炎 乳癌 CA15-3 BCA225 

Received 8 Oct 2014 / Accepted 21 Mar 2015
連絡先:平嶋 純子
〒162-8655 東京都新宿区戸山1-21-1
国立国際医療研究センター呼吸器内科

日呼吸誌, 4(4): 283-287, 2015

Google Scholar著者名・キーワードは「Google Scholar™ 学術文献検索」の検索結果へリンクしています.