一般社団法人日本呼吸器学会 公式サイト
ScholarOne Manuscripts
日本呼吸器学会英文誌 Respiratory Investigation
日本呼吸器学会誌 増刊号 学術講演会プログラム 抄録集

書誌情報

原著

急性期人工呼吸管理を施行された80歳以上の高齢者の長期予後

後藤 英介a 福島 大志b 西口 博憲c 

a山鹿市民医療センター呼吸器内科
b同 地域医療連携室
c同 臨床工学科

要旨

2010年4月~2013年12月の間に,山鹿市民医療センターにて人工呼吸を行った80歳以上の高齢者59名の経過を調査した.院内死亡率は37.2%,全症例の生存期間中央値は86日,1年生存率は32.5%であった.院内生存37症例の生存期間中央値は431日,1年生存率は53.5%であった.生存例のうち56.7%は再人工呼吸を希望せず,16例が実際に再人工呼吸を行われずに死亡した.人工呼吸を要する高齢者には長期予後不良な症例が多く,人工呼吸の適応には十分な検討が必要と考えられる.

キーワード

高齢者 人工呼吸 

Received 14 Nov 2014 / Accepted 25 Dec 2014
連絡先:後藤 英介
〒861-0593 熊本県山鹿市山鹿511
山鹿市民医療センター呼吸器内科

日呼吸誌, 4(3): 205-209, 2015

Google Scholar著者名・キーワードは「Google Scholar™ 学術文献検索」の検索結果へリンクしています.