一般社団法人日本呼吸器学会 公式サイト
ScholarOne Manuscripts
日本呼吸器学会英文誌 Respiratory Investigation
日本呼吸器学会誌 増刊号 学術講演会プログラム 抄録集

書誌情報

症例

リンパ節腫大が先行し多発斑状影を呈した超硬合金肺の1例

小川 未来 橋本 昌枝 久保 寛明 京本 陽行 千葉 玲哉 眞本 卓司 

社会医療法人生長会ベルランド総合病院呼吸器内科

要旨

症例は57歳,男性.横行結腸癌術後経過中に胸部CTで,右鎖骨上窩,右肺門,縦隔のリンパ節腫大を指摘された.リンパ節生検では診断に至らず,1年後には結節影が出現し,その3ヶ月後には両側全肺野に多発斑状影が出現した.外科的肺生検を施行し,巨細胞性間質性肺炎の組織像を認めた.金型製造に従事していることが判明し,肺病変の元素分析でコバルトが検出され超硬合金肺と診断した.先行したリンパ節病変も病理組織像や免疫染色から,超硬合金粉塵曝露による反応と考えられた.

キーワード

超硬合金肺 巨細胞性間質性肺炎 リンパ節腫大 コバルト 

Received 14 Jun 2014 / Accepted 14 Oct 2014
連絡先:小川 未来
〒599-8247 大阪府堺市中区東山500-3
社会医療法人生長会ベルランド総合病院呼吸器内科

日呼吸誌, 4(1): 116-120, 2015

Google Scholar著者名・キーワードは「Google Scholar™ 学術文献検索」の検索結果へリンクしています.