一般社団法人日本呼吸器学会 公式サイト
ScholarOne Manuscripts
日本呼吸器学会英文誌 Respiratory Investigation
日本呼吸器学会誌 増刊号 学術講演会プログラム 抄録集

書誌情報

症例

健常者に発症し,敗血症性ショックと急性呼吸促迫症候群から救命しえた緑膿菌市中肺炎の1例

佐々木 朗a 柳  重久a 長野 健彦b 松元 信弘a 落合 秀信b 中里 雅光a 

a宮崎大学医学部内科学講座神経呼吸内分泌代謝学分野
b同 附属病院救命救急センター

要旨

症例は生来健康な57歳,男性.宮崎大学医学部付属病院(当院)入院前日の午前3時に背部痛で覚醒した.日中も改善せず同日夕方に前医に入院した.高熱・低酸素血症・血圧低下・両肺野浸潤影があり翌日当院に転院した.広域抗菌薬併用投与と集学的治療により救命できた.当院の喀痰培養と前医入院時の血液培養から薬剤感受性パターンが同一の緑膿菌が検出された.健常者での市中緑膿菌肺炎はきわめてまれであるが,そのほとんどが急速に重症化し致死的である.敗血症性ショックを呈する健常人市中肺炎症例での起炎菌として,緑膿菌も念頭に置く必要がある.

キーワード

緑膿菌 市中肺炎 敗血症性ショック 急性呼吸促迫症候群 

Received 16 Jun 2014 / Accepted 20 Oct 2014
連絡先:柳 重久
〒889-1692 宮崎県宮崎市清武町木原5200
宮崎大学医学部内科学講座神経呼吸内分泌代謝学分野

日呼吸誌, 4(1): 110-115, 2015

Google Scholar著者名・キーワードは「Google Scholar™ 学術文献検索」の検索結果へリンクしています.