一般社団法人日本呼吸器学会 公式サイト
ScholarOne Manuscripts
日本呼吸器学会英文誌 Respiratory Investigation
日本呼吸器学会誌 増刊号 学術講演会プログラム 抄録集

書誌情報

特集 進化した呼吸管理

Topics 5 高流量鼻カニュラ酸素療法

宮本 顕二 

北海道中央労災病院

要旨

高流量式鼻カニュラが新しい酸素吸入器として注目されている.鼻カニュラで10~60 L/minの高流量を流しても,酸素を加温加湿すると患者は鼻腔を不快に感じない.高流量式鼻カニュラによる酸素吸入は,次のようないくつかの生理学的利点がある.①鼻咽頭(解剖学的死腔)にたまった呼気の洗い流し効果,②鼻咽頭抵抗の減少,③呼気終末陽圧換気効果(酸素流量が多いほどその効果は強くなる),④肺胞のリクルートメント効果(これにより,安静呼気の肺容量が増加し,呼吸数が減少する),⑤気道の粘液線毛機能の改善,⑥正確な吸入酸素濃度.しかし,この分野の研究はまだ少なく,高流量式鼻カニュラによる酸素吸入を積極的に推奨するには,これから出てくる研究成果を待たなければならない.

キーワード

高流量式鼻カニュラ 酸素療法 呼気終末陽圧換気(PEEP) 加湿酸素 

連絡先:宮本 顕二
〒068-0004 北海道岩見沢市4条東16-5
北海道中央労災病院

日呼吸誌, 3(6): 771-776, 2014

Google Scholar著者名・キーワードは「Google Scholar™ 学術文献検索」の検索結果へリンクしています.