一般社団法人日本呼吸器学会 公式サイト
ScholarOne Manuscripts
日本呼吸器学会英文誌 Respiratory Investigation
日本呼吸器学会誌 増刊号 学術講演会プログラム 抄録集

書誌情報

特集 明日の診療に役立つ細胞分子生物学

Topics 6 自然免疫

山本千香子 三宅 健介 

東京大学医科学研究所感染・免疫大部門感染遺伝学分野

要旨

結核やインフルエンザなどの感染症は依然として驚異である.ヒトなどの多細胞生物は外来からの病原体の侵入に常にさらされているため,免疫系の活性化による病原体の認識・排除は多細胞生物が成立するための恒常性維持機構の一つである.なかでも,自然免疫は病原体感染初期に機能する免疫機構で,自然免疫の活性化により獲得免疫の活性化が誘発される.また,近年の研究により自然免疫は感染症の初期応答に必須であると同時に,全身性エリテマトーデス(systemic lupus erythematosus:SLE)などの自己免疫疾患の発症に深く関わっていることが報告されている.本稿では,病原体感染初期応答に始まり,自己免疫疾患などの疾患の発症における自然免疫の役割について概説する.

キーワード

病原体センサー 感染症 自己炎症性疾患 自己免疫疾患 

連絡先:三宅 健介
〒108-8639 東京都港区白金台4-6-1
東京大学医科学研究所感染・免疫大部門感染遺伝学分野

日呼吸誌, 3(5): 650-655, 2014

Google Scholar著者名・キーワードは「Google Scholar™ 学術文献検索」の検索結果へリンクしています.