一般社団法人日本呼吸器学会 公式サイト
ScholarOne Manuscripts
日本呼吸器学会英文誌 Respiratory Investigation
日本呼吸器学会誌 増刊号 学術講演会プログラム 抄録集

書誌情報

症例

結核菌感染を契機に増悪を呈した間質性肺炎の1剖検例

杉山 牧子a 竹田 隆之a 齋藤 昌彦a 板野 秀樹a 小橋陽一郎b 

a宇治徳洲会病院呼吸器内科・呼吸器外科
b天理よろづ相談所病院病理部

要旨

症例は79歳,女性.2008年11月に胸部CTにてすりガラス陰影を認め,間質性肺炎と診断した.2009年9月にすりガラス陰影の増悪と乾性の咳を認めたので,気管支鏡検査を施行した.気管支肺胞洗浄液の培養結果より結核菌が陽性であり,抗結核薬による治療を開始した.5ヶ月後に間質性肺炎が急速に増悪し,死亡した.剖検肺では,線維化病巣のなかに壊死を伴わない類上皮型の肉芽腫を認めた.間質性肺炎の治療にステロイドや免疫抑制剤を使用していない状態で肺結核症を併発し,間質性肺炎が増悪した症例報告は文献検索上まれである.間質性肺炎と肺結核症の関連についての考察と剖検所見を提示し報告する.

キーワード

間質性肺炎 急性増悪 肺結核症 びまん性肺胞障害 剖検 

Received 23 May 2013 / Accepted 13 Dec 2013
連絡先:杉山 牧子
〒610-0113 京都府宇治市小倉町春日森86
宇治徳洲会病院呼吸器内科・呼吸器外科

日呼吸誌, 3(3): 390-394, 2014

Google Scholar著者名・キーワードは「Google Scholar™ 学術文献検索」の検索結果へリンクしています.