一般社団法人日本呼吸器学会 公式サイト
ScholarOne Manuscripts
日本呼吸器学会英文誌 Respiratory Investigation
日本呼吸器学会誌 増刊号 学術講演会プログラム 抄録集

書誌情報

特集 COPDの最新情報

Topics 1 疫学の動向と将来の予測

柴田 陽光 

山形大学医学部第一内科

要旨

我が国における喫煙率は30%程度まで低下してきている.しかし,今後20年間は多くの重喫煙者を含む世代が高齢化してくる点と,人口構成の高齢化から,COPD患者は増加していくものと考えられる.現在のCOPDの有病率は,40歳以上の成人において9%程度と見積もられており,罹患率に関しては男性で8.1,女性で3.1(/1,000 person-years)という報告があるのみで十分には検討されていない.また高畠研究から,1秒量の低値が一般住民に及ぼす健康被害は甚大であることが示されており,防煙や禁煙対策の充実,一般住民における認知度の向上,患者の早期発見が,COPDによる社会的な被害を低減するうえで大切である.

キーワード

COPD 有病率 罹患率 住民健診 

連絡先:柴田 陽光
〒990-9585 山形市飯田西2-2-2
山形大学医学部第一内科

日呼吸誌, 3(3): 316-322, 2014

Google Scholar著者名・キーワードは「Google Scholar™ 学術文献検索」の検索結果へリンクしています.