一般社団法人日本呼吸器学会 公式サイト
ScholarOne Manuscripts
日本呼吸器学会英文誌 Respiratory Investigation
日本呼吸器学会誌 増刊号 学術講演会プログラム 抄録集

書誌情報

症例

ゾレドロン酸の単独投与で原発巣の縮小および疼痛の改善を得た肺腺癌の1例

井上 健男 峯下 昌道 村岡 弘海 岡本真理子 井上 哲兵 宮澤 輝臣 

聖マリアンナ医科大学呼吸器・感染症内科学教室

要旨

症例は87歳,男性.胸痛精査目的で施行した胸部X線写真で左肺に腫瘤影を認め精査の結果,原発性肺癌cT3N1M1b(脳・骨転移),Stage IVと診断された.年齢とperformance status(PS)を考慮し緩和医療に専念した.固形癌骨転移による骨関連事象に対してゾレドロン酸の有効性が証明されており,本症例ではゾレドロン酸の投与のみ施行した.投与後より疼痛が改善しただけでなく原発巣が縮小しており,ゾレドロン酸による抗腫瘍効果が非小細胞肺癌にもみられる可能性が示唆された.

キーワード

骨転移 ゾレドロン酸 非小細胞肺癌 抗腫瘍効果 

Received 27 Aug 2013 / Accepted 28 Nov 2013
連絡先:宮澤 輝臣
〒216-8511 神奈川県川崎市宮前区菅生2-16-1
聖マリアンナ医科大学呼吸器・感染症内科学教室

日呼吸誌, 3(2): 276-280, 2014

Google Scholar著者名・キーワードは「Google Scholar™ 学術文献検索」の検索結果へリンクしています.