一般社団法人日本呼吸器学会 公式サイト
ScholarOne Manuscripts
日本呼吸器学会英文誌 Respiratory Investigation
日本呼吸器学会誌 増刊号 学術講演会プログラム 抄録集

書誌情報

症例

両肺の多発性陰影と膿痂疹を呈したLemierre症候群の1例

青山  崇 田中  誠 廣田 貴子 石井  寛 藤田 昌樹 渡辺憲太朗 

福岡大学医学部呼吸器内科

要旨

症例は26歳,男性.歯肉痛を数ヶ月放置した後,発熱,咽頭痛が出現し,近医で扁桃炎と診断され内服治療を受けた.しかしその後,皮膚膿痂疹,呼吸困難,背部痛が出現したため,福岡大学病院へ搬送された.血液培養は陰性であったが,両肺末梢に多発する結節状の浸潤影に加えて,左内頸静脈内の血栓を認め,一連の症状はLemierre症候群によるものと診断した.また,膿痂疹からPorphyromonas asaccharolyticaが検出された.膿痂疹を合併したLemierre症候群はまれと考えられ,報告した.

キーワード

膿痂疹 敗血症性肺塞栓症 Lemierre症候群 

Received 12 Aug 2013 / Accepted 14 Nov 2013
連絡先:石井 寛
〒814-0180 福岡市城南区七隈7-45-1
福岡大学医学部呼吸器内科

日呼吸誌, 3(2): 260-264, 2014

Google Scholar著者名・キーワードは「Google Scholar™ 学術文献検索」の検索結果へリンクしています.