一般社団法人日本呼吸器学会 公式サイト
ScholarOne Manuscripts
日本呼吸器学会英文誌 Respiratory Investigation
日本呼吸器学会誌 増刊号 学術講演会プログラム 抄録集

書誌情報

特集 気管支喘息診療の進歩2014

Topics 6 合併症

服部 知洋 権  寧博 橋本  修 

日本大学医学部内科学系呼吸器内科学分野

要旨

気管支喘息と鑑別すべき疾患および病態と,治療反応性に影響を及ぼす疾患には,鼻炎,アレルギー性気管支肺アスペルギルス症(allergic bronchopulmonary aspergillosis:ABPA),好酸球性多発血管炎性肉芽腫症(eosinophilic granulomatosis with polyangiitis:EGPA)および胃食道逆流症(gastroesophageal reflux disease:GERD)がある.本稿では各疾患の臨床的特徴について解説する.

キーワード

鼻炎 アレルギー性気管支肺アスペルギルス症 好酸球性多発血管炎性肉芽腫症 胃食道逆流症 

連絡先:橋本 修
〒173-8610 東京都板橋区大谷口上町30-1
日本大学医学部内科学系呼吸器内科学分野

日呼吸誌, 3(2): 194-200, 2014

Google Scholar著者名・キーワードは「Google Scholar™ 学術文献検索」の検索結果へリンクしています.