一般社団法人日本呼吸器学会 公式サイト
ScholarOne Manuscripts
日本呼吸器学会英文誌 Respiratory Investigation
日本呼吸器学会誌 増刊号 学術講演会プログラム 抄録集

書誌情報

特集 気管支喘息診療の進歩2014

Topics 4 治療の進歩3―分子標的治療薬―

大田  健 

独立行政法人国立病院機構東京病院

要旨

喘息の分子標的治療薬としては,生物学的製剤であるヒト化抗ヒトIgE抗体[抗IgE:オマリズマブ(omalizumab)]が最初に認可された.そして抗IgE療法は,アレルギー性喘息を対象に重症喘息への新しい治療法として適応が認められ,これまでに約60%の有効率を示している.引き続いて開発されているヒト化抗IL-5抗体メポリズマブ(mepolizumab)は,気道に好酸球増多を伴うステロイド依存性の喘息において有効性を認めている.また,IL-4とIL-13の受容体となるIL-4RαやIL-13を標的とするヒト化抗体,IL-5受容体に対するヒト化抗体でも臨床研究が進行している.

キーワード

ヒト化抗ヒトIgE抗体 JGL2012 難治性喘息 ヒト化抗IL-5抗体 ヒト化抗IL-13抗体 

連絡先:大田 健
〒204-8585 東京都清瀬市竹丘3-1-1
独立行政法人国立病院機構東京病院

日呼吸誌, 3(2): 178-185, 2014

Google Scholar著者名・キーワードは「Google Scholar™ 学術文献検索」の検索結果へリンクしています.