一般社団法人日本呼吸器学会 公式サイト
ScholarOne Manuscripts
日本呼吸器学会英文誌 Respiratory Investigation
日本呼吸器学会誌 増刊号 学術講演会プログラム 抄録集

書誌情報

症例

反復する呼吸器感染を起こしたsignal transducer and activator of transcription 3(STAT3)遺伝子変異を伴う高IgE症候群の1例

倉上 優一a 関根 朗雅a 奥寺 康司b 織田 恒幸a 萩原 恵里a 馬場 智尚a 小倉 高志a 

a神奈川県立循環器呼吸器病センター呼吸器科
b横浜市立大学大学院医学研究科病態病理学

要旨

症例は43歳,女性.乳児・小児期に反復する皮膚膿瘍の既往があり,11歳時より肺炎で4回の入院歴がある.39歳時に男児を出産したが,同児が生後3週から難治性湿疹を呈し血清IgE高値であったため,同児の遺伝子検索を行いsignal transducer and activator of transcription 3(STAT3)に変異を認めた.本症例も血清IgE高値であり,同遺伝子変異を認めた.当院受診時の43歳時には左下葉に高度の気管支拡張を認め,喀痰から緑膿菌を複数回検出した.その後,同部位に反復する感染を呈したため,左下葉切除術を施行した.STAT3の遺伝子変異はまれであるが,反復する呼吸器感染がある場合,鑑別にあげる必要がある.

キーワード

高IgE症候群 STAT3遺伝子 緑膿菌 

Received 13 Mar 2013 / Accepted 7 Aug 2013
連絡先:関根 朗雅
〒236-0051 神奈川県横浜市金沢区富岡東6-16-1
神奈川県立循環器呼吸器病センター呼吸器科

日呼吸誌, 2(6): 773-777, 2013

Google Scholar著者名・キーワードは「Google Scholar™ 学術文献検索」の検索結果へリンクしています.