一般社団法人日本呼吸器学会 公式サイト
ScholarOne Manuscripts
日本呼吸器学会英文誌 Respiratory Investigation
日本呼吸器学会誌 増刊号 学術講演会プログラム 抄録集

書誌情報

特集 感染症―肺炎―

Topics 8
基礎研究
―肺炎の基礎研究における最近のトピックスは?―

松本 哲哉 

東京医科大学微生物学講座

要旨

肺炎の基礎研究は多方面から行われており,これまで多くの成果をあげてきた.感染病態や病原体の病原性などを解明するためには,マウスなどを用いた動物実験モデルの確立が必須であり,肺炎球菌や緑膿菌をはじめさまざまな病原体による肺炎モデルが報告されている.さらに最近では単一の病原体による感染だけでなく,インフルエンザウイルスと肺炎球菌の混合感染について,その病態が注目を集めている.診断の面では抗原検出や遺伝子検出による迅速診断が活発に研究され,すでに臨床においても活用されている.治療面では各種耐性菌に対する新規抗菌薬の開発が期待されているが,現実的には既存の抗菌薬の併用療法など有効な活用法に重点が置かれている.予防については各種ワクチンの検討がなされているが,特に肺炎球菌については血清型との関連で構成成分や有効性が今後の検討課題となっている.

キーワード

病態 動物実験モデル 迅速診断 抗菌薬開発 ワクチン 

連絡先:松本 哲哉
〒160-8402 東京都新宿区新宿6-1-1
東京医科大学微生物学講座

日呼吸誌, 2(6): 717-723, 2013

Google Scholar著者名・キーワードは「Google Scholar™ 学術文献検索」の検索結果へリンクしています.