一般社団法人日本呼吸器学会 公式サイト
ScholarOne Manuscripts
日本呼吸器学会英文誌 Respiratory Investigation
日本呼吸器学会誌 増刊号 学術講演会プログラム 抄録集

書誌情報

特集 感染症―肺炎―

Topics 5
治 療
―CAP,NHCAP,HAP,VAP患者に対する抗菌薬選択の注意点は?―

朝野 和典 

大阪大学医学部附属病院感染制御部

要旨

肺炎に対する初期抗菌薬選択は,患者背景による原因菌の頻度や地域および施設の薬剤感受性などの疫学的なデータを基に,経験的な治療が行われる.日本呼吸器学会の肺炎診療ガイドラインでは,年齢,基礎疾患,重症度に基づいて初期治療の抗菌薬を選択するように推奨している.基礎疾患の重篤でない軽症~中等症の若年成人の症例に対しては,初期には狭域の抗菌薬を選択し,効果が弱い場合にはescalationして広域の抗菌薬を選択することを推奨している.高齢者や院内肺炎では,重症度に加え薬剤耐性菌のリスクの有無で経験的抗菌薬の選択を広域のものから始め,その後の臨床経過と培養結果から抗菌薬の種類を減じたり,狭域のものに変更したりするde-escalationを推奨している.個人の意思の問題や高齢者医療の問題を含めて,抗菌薬治療のescalationとde-escalationの概念について,もう一度整理して考え直すべきときにきている.

キーワード

肺炎診療ガイドライン 抗菌薬選択 Escalation De-escalation 薬剤耐性菌 

連絡先:朝野 和典
〒565-0871 大阪府吹田市山田丘2-14
大阪大学医学部附属病院感染制御部

日呼吸誌, 2(6): 695-702, 2013

Google Scholar著者名・キーワードは「Google Scholar™ 学術文献検索」の検索結果へリンクしています.