一般社団法人日本呼吸器学会 公式サイト
ScholarOne Manuscripts
日本呼吸器学会英文誌 Respiratory Investigation
日本呼吸器学会誌 増刊号 学術講演会プログラム 抄録集

書誌情報

特集 感染症―肺炎―

Topics 4
病 態
―重症化に関してどこまで病態は理解されているか―

比嘉  太 

琉球大学大学院医学研究科感染症・呼吸器・消化器内科学講座(第1内科)

要旨

肺炎は実地臨床でよく遭遇するcommon disease の一つであると同時に,患者の臨床背景,起炎微生物の病原性や治療抵抗性により,きわめて多様な病態を呈する.肺炎は時に致命的な状態に陥る可能性がある.重症肺炎は臓器障害あるいは重症敗血症を伴う肺炎ということができる.重症市中肺炎では肺炎球菌,インフルエンザウイルス,Legionella,複数菌感染などがみられ,なかでも緑膿菌の頻度が高くなる.感染に伴い,白血球活性化,補体活性化,凝固系の活性化を誘導され,炎症が惹起される.肺局所における過剰な炎症反応と好中球および血小板の異常集積は,凝固系異常,肺胞上皮障害,肺毛細血管内皮障害をもたらす.傷害を受けた細胞から遊離するhigh-mobility group box 1蛋白なども重症敗血症および急性肺障害の病態に関与している.薬剤耐性は初期治療の失敗を招き重症化の要因となる可能性がある.重症肺炎に対する臨床的な対応策の確立が今後の課題である.

キーワード

重症肺炎 急性肺障害 重症敗血症 ICU 薬剤耐性 

連絡先:比嘉 太
〒903-0215 沖縄県中頭郡西原町字上原207
琉球大学大学院医学研究科感染症・呼吸器・消化器内科学講座(第1内科)

日呼吸誌, 2(6): 688-694, 2013

Google Scholar著者名・キーワードは「Google Scholar™ 学術文献検索」の検索結果へリンクしています.