一般社団法人日本呼吸器学会 公式サイト
ScholarOne Manuscripts
日本呼吸器学会英文誌 Respiratory Investigation
日本呼吸器学会誌 増刊号 学術講演会プログラム 抄録集

書誌情報

特集 びまん性肺疾患の画像―多彩なプロファイル―

Topics 6 肺Langerhans細胞組織球症―画像の多様性―

小倉 高志a 中澤 篤人a 酒井 文和b 

a神奈川県立循環器呼吸器病センター呼吸器内科
b埼玉医科大学国際医療センター画像診断科

要旨

肺Langerhans細胞組織球症(PLCH)は,病期により多彩な画像所見が得られるが,典型画像は上中肺優位の小葉中心性分布をとる粒状・結節性陰影と嚢胞性陰影である.喫煙関連間質性肺炎として位置づけられており,各所見は禁煙で改善傾向になる.時に,嚢胞性陰影は癒合しながら不整型の嚢胞性陰影を形成していく.まれな画像所見としては,consolidation,胸水,単発性結節の報告がある.

キーワード

肺Langerhans細胞組織球症 嚢胞 結節 高分解能CT 

連絡先:小倉 高志
〒236-0051 神奈川県横浜市金沢区富岡東6-16-1
神奈川県立循環器呼吸器病センター呼吸器内科

日呼吸誌, 2(5): 527-535, 2013

Google Scholar著者名・キーワードは「Google Scholar™ 学術文献検索」の検索結果へリンクしています.