一般社団法人日本呼吸器学会 公式サイト
ScholarOne Manuscripts
日本呼吸器学会英文誌 Respiratory Investigation
日本呼吸器学会誌 増刊号 学術講演会プログラム 抄録集

書誌情報

症例

超音波気管支鏡ガイド下針生検(EBUS-TBNA)で診断した原発不明癌の1例

上村 剛大 小栗 鉄也 宮崎 幹規 大久保仁嗣 前野  健 新実 彰男 

名古屋市立大学大学院医学研究科腫瘍・免疫内科学

要旨

症例は64歳,男性.背部痛で名古屋市立大学病院受診,MRIで脊椎病変を認め,ポジトロン断層法(positron emission tomography:PET)で右肺門・縦隔リンパ節と脊椎病変に集積を認めた.右肺門部リンパ節で超音波気管支鏡ガイド下針生検(EBUS-TBNA)を施行,癌細胞を認め,原発不明癌(CUP)と診断した.死後の病理解剖では多臓器への転移を認めたが,原発巣は特定できなかった.CUPは転移形式が多彩で診断に苦慮することも多く,低侵襲な検査による確実な診断が必要である.CUPはリンパ節への転移が多く,肺門・縦隔リンパ節転移を疑う症例ではEBUS-TBNAが有用である.

キーワード

超音波気管支鏡ガイド下針生検 原発不明癌 

Received 8 Jun 2012 / Accepted 7 Sep 2012
連絡先:上村 剛大
〒467-8601 愛知県名古屋市瑞穂区瑞穂町字川澄1
名古屋市立大学大学院医学研究科腫瘍・免疫内科学

日呼吸誌, 2(2): 148-152, 2013

Google Scholar著者名・キーワードは「Google Scholar™ 学術文献検索」の検索結果へリンクしています.