一般社団法人日本呼吸器学会 公式サイト
ScholarOne Manuscripts
日本呼吸器学会英文誌 Respiratory Investigation
日本呼吸器学会誌 増刊号 学術講演会プログラム 抄録集

書誌情報

症例

デクスメデトミジンによる鎮静下の非侵襲的陽圧換気療法が奏効した慢性閉塞性肺疾患増悪の1例

金本 幸司 増田美智子 中澤 健介 松野 洋輔 飯島 弘晃 石川 博一 

筑波メディカルセンター病院呼吸器内科

要旨

症例は70歳,男性.慢性閉塞性肺疾患(COPD)の増悪,肺炎,心不全のため入院.5 L/min酸素下でPaO2 94.7 Torr,PaCO2 78.0 Torr,pH 7.226の呼吸性アシドーシス,CO2ナルコーシスを認めた.非侵襲的陽圧換気(noninvasive positive pressure ventilation:NPPV)開始直後から興奮により治療継続が困難となったが,デクスメデトミジン(dexmedetomidine)の投与により呼吸抑制を認めず良好な鎮静効果を得て,NPPV管理に成功した.一般にNPPV療法下のCOPD例に対する鎮静薬の使用は呼吸抑制の危険を伴う.デクスメデトミジンには呼吸抑制作用が少ない特徴があり,興奮やせん妄によりNPPV療法に非協力的となったCOPDの増悪例に使用する鎮静薬として,有用な可能性がある.

キーワード

慢性閉塞性肺疾患の増悪 非侵襲的陽圧換気 デクスメデトミジン 鎮静 興奮 

Received 8 Mar 2012 / Accepted 6 Jun 2012
連絡先:金本 幸司
〒305-8558 茨城県つくば市天久保1-3-1
筑波メディカルセンター病院呼吸器内科

日呼吸誌, 2(1): 34-38, 2013

Google Scholar著者名・キーワードは「Google Scholar™ 学術文献検索」の検索結果へリンクしています.