一般社団法人日本呼吸器学会 公式サイト
ScholarOne Manuscripts
日本呼吸器学会英文誌 Respiratory Investigation
日本呼吸器学会誌 増刊号 学術講演会プログラム 抄録集

書誌情報

症例

腹膜癌治療後に発症したpulmonary tumor thrombotic microangiopathyの1剖検例

吉井  悠a 清水健一郎a 渡辺  翔a 高木 正道a 富永 光敏b 桑野 和善c 

a東京慈恵会医科大学附属第三病院呼吸器内科
b同 循環器内科
c東京慈恵会医科大学附属病院呼吸器内科

要旨

症例は56歳女性.2008年(54歳時)に原発性腹膜癌の診断で手術および化学療法を施行し,以後再発なく経過していた.2010年6月に呼吸困難を主訴に東京慈恵会医科大学附属柏病院受診し,急性呼吸不全のため緊急入院となった.心臓超音波検査にて推定右室収縮期圧72 mmHgと著明な肺高血圧を認めた.胸部造影CTでは塞栓所見は認めず,特発性肺動脈性肺高血圧症が疑われPGI2誘導体療法,抗凝固療法を施行した.しかし急速に呼吸不全が進行し,入院後48時間で死亡した.肺病理組織学的所見では,びまん性に肺最少動脈内に多発微小腫瘍塞栓を認め,膠原線維増生による内膜の肥厚を認めた.腫瘍細胞は腹膜癌手術検体と同一の漿液性腺癌であり,腹膜癌再発によるpulmonary tumor thrombotic microangiopathy(PTTM)と診断した.原発性腹膜癌によるPTTMは過去に報告がなく非常にまれであり,文献的考察を加え報告する.

キーワード

PTTM 肺腫瘍塞栓 原発性腹膜癌 肺高血圧 漿液性腺癌 

Received 24 Nov 2011 / Accepted 1 Feb 2012
連絡先:吉井 悠
〒201-8601 東京都狛江市和泉本町4-11-1
東京慈恵会医科大学附属第三病院呼吸器内科

日呼吸誌, 1(5): 445-449, 2012

Google Scholar著者名・キーワードは「Google Scholar™ 学術文献検索」の検索結果へリンクしています.