一般社団法人日本呼吸器学会 公式サイト
ScholarOne Manuscripts
日本呼吸器学会英文誌 Respiratory Investigation
日本呼吸器学会誌 増刊号 学術講演会プログラム 抄録集

書誌情報

症例

造影CTにより早期発見し未破裂のまま治療しえたRasmussen動脈瘤の1例

入來 豊久*,a 森野英里子a 高崎  仁a 杉山 温人a 小林 信之a 

現所属:熊本地域医療センター呼吸器科
a独立行政法人国立国際医療研究センター呼吸器内科

要旨

34歳男性.発熱,咳嗽,血痰,右胸痛を主訴に前医受診.肺結核の診断にて国立国際医療研究センター呼吸器内科紹介入院となった.入院後は抗結核薬の投与と対症療法によりすみやかに血痰は消失したが,胸部造影CTを施行し,Rasmussen動脈瘤の存在が判明したため未破裂のままコイルによる肺動脈塞栓術を施行することができた.本症例のように空洞を伴う肺結核患者に血痰・喀血がみられる場合は,まれな合併症であるRasmussen動脈瘤も考慮し,胸部造影CTを行う必要があると考えられた.

キーワード

Rasmussen動脈瘤 肺結核 喀血 造影CT 塞栓術 

Received 24 Nov 2011 / Accepted 7 Feb 2012
連絡先:入來 豊久
〒860-0811 熊本中央区本荘5-16-10
熊本地域医療センター呼吸器科

日呼吸誌, 1(5): 439-444, 2012

Google Scholar著者名・キーワードは「Google Scholar™ 学術文献検索」の検索結果へリンクしています.