一般社団法人日本呼吸器学会 公式サイト
ScholarOne Manuscripts
日本呼吸器学会英文誌 Respiratory Investigation
日本呼吸器学会誌 増刊号 学術講演会プログラム 抄録集

書誌情報

症例

感染性肺囊胞を呈しメロペネムが有効であったMycobacterium fortuitum症の1例

沖本 二郎 林  敏清 岸本 道博 川中 紀之 栗原 武幸 宮下 修行 

川崎医科大学附属川崎病院総合内科学1

要旨

感染性肺囊胞を呈しメロペネム(meropenem:MEPM)が有効であったMycobacterium fortuitum症の1例を報告した.68歳の男性で,咳,痰,発熱を訴え,右上葉に,肺囊胞内の液体貯留とその周囲の浸潤影を認めた.喀痰抗酸菌塗抹は陽性(ガフキー3号)で,培養にてM. fortuitumと同定された.MEPMの投与により自覚症状,胸部画像所見は改善し,排菌も止まった.M. fortuitum症に,カルバペネム系薬が有効という病態を示した症例であった.

キーワード

非結核性抗酸菌症 Mycobacterium fortuitum カルバペネム 

Received 18 Oct 2011 / Accepted 14 Feb 2012
連絡先:沖本 二郎
〒700-8505 岡山市北区中山下2-1-80
川崎医科大学附属川崎病院総合内科学1

日呼吸誌, 1(5): 404-407, 2012

Google Scholar著者名・キーワードは「Google Scholar™ 学術文献検索」の検索結果へリンクしています.