一般社団法人日本呼吸器学会 公式サイト
ScholarOne Manuscripts
日本呼吸器学会英文誌 Respiratory Investigation
日本呼吸器学会誌 増刊号 学術講演会プログラム 抄録集

書誌情報

原著

外来市中肺炎治療における炎症性マーカーについて

古橋 一樹a 藤澤 朋幸a 早川 啓史b 横村 光司c 豊嶋 幹生d 安田 和雅e 菅沼 秀基f 白井 敏博g 山田  孝h 増田 昌文i 千田 金吾a 

a浜松医科大学呼吸器内科
b国立病院機構天竜病院呼吸器科
c聖隸三方原病院呼吸器内科
d浜松労災病院呼吸器内科
e磐田市立総合病院呼吸器内科
f市立島田市民病院呼吸器内科
g静岡県立総合病院呼吸器内科
h静岡市立静岡病院呼吸器内科
i静岡市立清水病院呼吸器内科

要旨

外来治療可能な市中肺炎には,治療でいったん改善しても短期間に再び呼吸器感染症を発症する例を経験するが予測は難しい.また炎症性マーカーは,特異性が低いとされる一方,重症度や抗菌薬中止の判定に有用との報告もある.今回,外来市中肺炎の治療判定指標として炎症性マーカーの有用性を検討した.対象は浜松医科大学関連病院の外来市中肺炎患者66例.モキシフロキサシン(moxifloxacin)400 mg/日を投与し,初日,3〜4日後,7日後にWBC,CRP,SAA,PCTを測定した.治療効果の有効63例(95.5%)中,治療終了28日後に治癒と判定した例は58例(87.9%),再び呼吸器感染症を発症し再治療した例は5例(7.6%)であった.その2群間で各測定日の平均値に差はなかったが,CRPとSAAは治療開始から7日後の変化率に有意差を認めた.以上より外来市中肺炎治療7日後のCRP,SAAの変化率は,再治療を予測する指標となる可能性が示唆された.

キーワード

市中肺炎 C-反応性蛋白 血清アミロイドA蛋白 プロカルシトニン 変化率 

Received 27 Oct 2011 / Accepted 11 Jan 2012
連絡先:古橋 一樹
〒431-3192 静岡県浜松市東区半田山1-20-1
浜松医科大学呼吸器内科

日呼吸誌, 1(4): 294-303, 2012

Google Scholar著者名・キーワードは「Google Scholar™ 学術文献検索」の検索結果へリンクしています.