一般社団法人日本呼吸器学会 公式サイト
ScholarOne Manuscripts
日本呼吸器学会英文誌 Respiratory Investigation
日本呼吸器学会誌 増刊号 学術講演会プログラム 抄録集

書誌情報

症例

非結核性抗酸菌症との鑑別に苦慮した術後10年の子宮体癌肺転移再発の1例

宮本 信吾a 古畑 善章b 檜山 紀子b 石川  操c 熊坂 利夫c 武村 民子c 

a日本赤十字社医療センター化学療法科
b同 呼吸器外科
c同 病理科

要旨

症例は72歳女性.1999年,子宮体癌に対し手術と術後全骨盤照射を行い,以後経過観察を行っていた.2009年の胸部X線検査で異常影を指摘され,気管支鏡検査等にて精査したところ,非結核性抗酸菌症や悪性腫瘍が疑われたが確定診断には至らず,2010年1月に左肺部分切除を施行した.病理組織の結果,子宮体癌肺転移と診断され,術後化学療法を行った.残存した右肺の小結節に対しても肺部分切除を施行し,現在disease freeを保っている.10年以上の経過で再発する子宮体癌肺転移症例は比較的まれであり,若干の文献的考察を加えて報告する.

キーワード

子宮体癌 晩期再発 転移性肺腫瘍 

Received 21 Oct 2011 / Accepted 20 Dec 2011
連絡先:宮本 信吾
〒150-8935 東京都渋谷区広尾4-1-22
日本赤十字社医療センター化学療法科

日呼吸誌, 1(3): 273-277, 2012

Google Scholar著者名・キーワードは「Google Scholar™ 学術文献検索」の検索結果へリンクしています.